姿勢と食生活。


姿勢と食生活。

リクナビNEXTのプロ論シリーズが好きなのですが、エリカ・アンギャルさんの記事が良かったです。

 

エリカ・アンギャルさんの名前は、少し聞いたことがありましたが

どんな方かは知りませんでした。

栄養コンサルタントなのですね・・。

 

この記事では、姿勢と食生活によって現れる相関関係が書いており、勉強になりました。

 

下記、引用です。

 

—————————————————

どうしても自信を持てないときの特効薬をお教えしましょう。それは姿勢をよくすること。姿勢は、体内で放出されるホルモンに影響します。胸を張ると自信をみなぎらせるテストステロンが20%多く排出され、猫背になると気分を落ち込ませるコルチゾールが15%多く排出されます。面接など緊張する場面があったら、両腕を腰に当て胸を張る”スーパーマンのポーズ”を2分間してみるといいですよ。自然と自信がみなぎってきます。

そしてもうひとつ、大事なことは食生活です。集中力、生産性、クリエイティビティなど、メンタル面は食生活が大きく影響しているんです。一番避けたほうがいいのは、スナック菓子や菓子パンなどトランス脂肪酸を多く含む食品。小麦もなるべく避けるとよいでしょう。パンを食べる時には良質のたんぱく質やビタミン豊富な緑黄色野菜などをつけ加えて。ご飯を食べる時も、焼き魚や卵などたんぱく質を一緒に摂るようにしてください。たんぱく質を同時に摂取することで血糖値の上昇を防ぎ、脳内物質であるドーパミンを出やすくします。

自分に自信が持てない、ポジティブシンキングができないと感じたら、まずは姿勢と食生活を見直すことから始めてください。続けることで、きっと素晴らしい毎日と出会えますよ。

 

—————————————————

 

確かに結果を出す人には、食事や姿勢にこだわりがある方が多い

と振り返りました。

 

 

 

 

 

 

 

Comments

comments

Comments are closed.